« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月23日 (火)

オーストラリア旅行記~メルボルン~

昨日の大雪でベランダは真っ白snow

暖かかったオーストラリアを思い出して温まろうと思いますhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ジェットスターでウルルからメルボルンに移動。

2泊の短い滞在だったので、ほとんど市内観光は出来ませんでしたが、トラム(路面電車)の無料区間内にあるカールトン庭園に行くことができました。

Img_7389

Img_7392

白黒のカラス(?)

Img_7387

庭園内にある王立展示館。

本当は中を見たかったのですが、時間が間に合わず次回訪れた時のお楽しみになってしまいました。

カールトン庭園から歩いて移動。

Img_7396_2

セント・パトリック大聖堂

こちらも17時を過ぎてしまっていたので中に入ることができませんでしたが、外から建物を見るだけでも荘厳な雰囲気を味わえました。

中のステンドグラスが素晴らしいそうなので次の機会には必ず見たいと思います。

Img_7394

横からの景観。ゴシック様式の建物は心惹かれます。

Img_7403_2

この日の夕食はギリシャ料理のお店に行きました。メルボルンにはギリシャ人が多く住んでいるそうで、ギリシャ街があります。

Img_7402

「STALACTITES」というお店。

美味しくて安くてとても人気があるお店です。並ばずに入れてラッキーでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

翌日は「グレート・オーシャン・ロード」ツアーに参加しました。

Img_7405

「12使徒」と呼ばれる奇岩群

Img_7420

一日中眺めていたい景色でした。

Img_7418

Img_7430

ミスチルが撮影に使った場所だとかup

Img_7451

ランチはこーんなハンバーガーsign01を夫が食べていました。

Img_7444

その後は幸運にも野生のコアラをこんなに間近で見ることができて感動sign03

Img_7616

一昔前はコアラを抱っこして写真を撮るのが定番でしたが、コアラは1日4時間しか起きていない動物。抱っこされることでストレスをためてしまうそうで、現在はそのようなサービスは行っていないそうです。

日本人のガイドさんにいろいろなことを教えてもらって、朝から晩までの充実したツアーに大満足でした。(Mr.ジョンツアー)

そして、オーストラリア最後の晩餐は・・・

Img_7503

やっぱりオージービーフsign03

手前がヒレで奥がサーロインです。

めちゃくちゃ美味しかったですhappy01

次回はもう少し長い期間滞在したいなー、と思いました!

2018年1月19日 (金)

オーストラリア旅行記~エアーズロック~

寒い日本から飛び立って

暖かいオーストラリアに行ってきましたairplane

Img_7187

カンタス航空でブリスベン経由、まずは世界遺産のエアーズロック(ウルル)へ。

*「ウルル」とはアボリジニの言葉で「偉大な岩」という意味だそうです。

down飛行機からの景色です

Img_7193

アボリジニ、アナング族の聖地。広大な平原にどっしりと構える巨大な岩は荘厳そのものでした。

下の写真は宿泊したホテルの展望台からみた夕陽。お気に入りの1枚ですshine

Img_7207

幻想的で何時間でも見ていたい衝動にかられました。

Img_7209_2

この日、食事をした後にもう一度展望台へ行くと、見たこともない星空が・・・。

無数の星が夜空を埋め尽くしていて、どこをどう見たらいいのかさえ分からなくなりました。

東京で空を見上げた時、星が綺麗だとすぐ星の数を数えようとする自分がアホみたいに思えました。

写真が撮れなかったのが残念です。星空をきれいに撮る技術がないものでsweat01

Img_7211
これは夕陽ではなく、朝日が昇るところです。

ウルルサンライズツアーに参加して朝日に染まるウルルを堪能してきました。

Img_7229

この後、ウルル登山に挑戦するも、滑落の危険を察し、自分なりの頂点を見極めて途中で下山しました。(かなり早い段階でsweat01

この日は天候がよく、登山口が開いていたので、少しだけでも登れたことが幸運だったと思います。

下山後は麓散策コースに切り替えて、ガイドさんの説明を聞きながらアナング族の生活を想像していました。

Img_7287

Img_7288

壁画が数多く残されています。

Img_7317
次はカタ・ジュタへ 

*「カタ・ジュタ」とはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味だそうです。 写真はバスの中から撮ったもので、大きな岩が4つぐらい見えますが、裏側にもたくさんあって大小合わせて36個あるそうです。

Img_7318

岩と岩が重なりあって谷ができています。

それが水たまりに移って 逆さ谷。

Img_7325_2

ガイドさんがインスタ映えするスポットをたくさん教えてくれます。他にもたくさん撮りました。(インスタはやってませんけど)

Img_7332
多くの頭。アボリジニの長老が頭を寄せ合って何かを話し合っているようにも見えました。

Img_7343
雲の間から太陽が差し込んでいるところを走っているバスの中から撮ることができました。神秘的。

Img_7362

ツアーの最後は段々と日が落ちてウルルの色が変化していく光景をシャンパンを頂きながらの観賞。

シャンパングラスにウルルが写っていますnote

ウルルには2泊して、次はメルボルンです。

 つづく・・・

2018年1月 2日 (火)

2018年1月2日

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い致しますnote

Img_7071

Img_7068_3

草月の先生に教わってお花を生けてみましたhappy01


Img_7182

犬のミニチュア陶器は私の祖父のコレクションの一部ですdog

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

My HP

無料ブログはココログ