« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月28日 (土)

作品展に向けて

まだ先ですが、11月に(公財)日本手芸普及経協会主催のカリグラフィー展があります。

毎回200点以上展示される大規模な作品展です。

私も毎回出展させて頂いております。

今回の題材には 「Time Tested Beauty Tips」 (Sam Levinson) を選びました。

オードリー・ヘプバーンが愛した詩、ということでも有名ですね。

Image2

今は あーでもない、こーでもないと何度も何度も練習している段階です。

私はササっと書けてしまうタイプではないので、この過程を怠るとどうしようもない駄作になってしまいますsweat01

作品が出来上がるまで長い長い道のりですが、楽しみながら進めて行きたいと思いますsign01

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村

2018年7月19日 (木)

生徒さんのイタリック体修了作品!!

今日も東京は35度の暑さでした。

アスファルトの照り返しなどで実際はもっと暑かった気がします。

 

さて、今日はそんな暑さを忘れさせてくれるような爽やかな作品をご紹介致します!

Img_9617_2

Sさんのイタリック体修了作品ですheart

A~Zまでの大文字、小文字を何種類かのペンで、何種類かの色で、フローリッシュもつけて書いて頂きました。

レイアウトも美しく、平筆のバラやリボンも完璧ですね!!

写真では分かりづらいですが、Calligraphyの単語は黒からグレーのグラデーションになっています。上下左右ともグラデーションで変化をつけていて、作品に奥行を感じますshine

次のゴシック体の作品も楽しみですheart04

 

この日、お教室の後のランチ会で、サプライズがsign03 

Img_9618

こちらこそいつもありがとうございますhappy01 

生徒の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村

2018年7月14日 (土)

焼きナス冷やしうどん

連日の猛暑sun

この暑さではさすがの私も食欲が落ちます。

・・・ というのはウソで食欲は落ちませんが、冷たいものが食べたくなりますhappy01

ツルツルっと冷たいうどんは、ひとりお昼ご飯に最適。

Img_9656

最近は茹でる必要のないうどんがスパーでよく売られていて手間いらずですねsign01

その分、焼きナスを作ったり、薬味(ミョウガ、大場、小葱、しょうが)を切ったり、トッピングに手間をかけました。

ミョウガと大葉は夏の必需品note 

なくなると不安になるので、ベランダで栽培したいなぁ~、と思っている今日この頃です。

 


レシピブログに参加しています!

2018年7月13日 (金)

トマトカレー

毎日暑いですねsweat01

今年は夏が長いようで・・・

夏バテしないように「食」の工夫も大事ですよね。

 

番組名は忘れましたが、テレビでギャル曽根ちゃんが「トマトカレー」というものを紹介していました。

美味しそうだったので、私も真似して作ってみました。

Img_9322

レシピをちゃんと控えていたわけではないので、ギャル曽根ちゃんが作ったものとはだいぶ違うと思いますcoldsweats01

Img_9318

でも、基本は2つ。

1. 水の代わりに湯むきしたトマトを使う。

2. 夏野菜を素揚げしてトッピングする。

1.について、私は4人前のルーに対してトマト3つを使いましたが、水が少々足りない気がしたので、野菜くずスープを足しました。 
*野菜くずスープとは、お料理するときに通常捨ててしまう部分(長ネギの先端部分とか、大根の皮とか、玉ねぎの皮とか、ピーマンの種とか)をまとめてグツグツ煮てできたスープ

2.について、今回はズッキーニ、パプリカ、ニンジン、茄子を使いました。
*折角用意していたオクラをうっかり忘れてしまいsweat01 ショックでした。

 

普通のカレーよりも酸味が効いててさっぱりした味わい、これぞ夏のカレー!です。

私は”パクチー好き”なのでトッピングにパクチーもプラスしましたが、相乗効果は、特にないですcoldsweats01 

 


レシピブログに参加しています!

2018年7月 6日 (金)

『江戸ねこ茶屋』に行ってみました。

犬派の私ですが、

『江戸ねこ茶屋』が面白そうだったので、

ネコ好きの友人を誘って行ってみました。

Img_9591

浮世絵の世界にねこがいる、そんな感じのねこカフェです。

Img_9581

Img_9578_2

浮世絵師 歌川国芳が無類のねこ好きだったそうで、国芳のねこの絵が面白かったです。

Img_9593

『其のまま地口 猫飼好五十三疋』 (歌川国芳)

地口とは語呂合わせのことだそうです。

Img_9564

日本橋→二本だし (右)

品川→白かお(左)

国芳ってお茶目だったんですねhappy01

 

こちらは『しん版猫の湯』 作者不詳

Img_9554

再現されたのがこちら↓

Img_9556

たまにねこちゃんが入り込んでました。

ここに住んでいる猫ちゃんたちの多くは保護ねこだそうです。

Img_9576

この可愛らしいねこちゃんはしっぽが少し短いですね。ストレスで自分のしっぽをかんでしまっていたそうです。今は元気sign01

Img_9577

カメラ(スマホ)を向けるとチラッと覗いてくれました。

Img_9562

友人がとても気に入っていた美人猫ちゃんheart 

もう飼い主が決まっているそうです。良かったですね!

Img_9561_2

追いかけっこをしていたやんちゃな猫ちゃんたち

Img_9558

ずーっと寝ていた黒猫ちゃん

Img_9582

「なにか?」 って言ってるっぽい猫ちゃん

Img_9584

御御足が魅力的な猫ちゃんshine

Img_9585

浮世絵の世界に入り込んでたくさんのねこちゃんと触れ合えた日でしたcat

2018年7月 3日 (火)

世界を変えた本

魅力的な本bookを見つけました。

  そして、

 買いました。

高額でしたが、6月が誕生日だったので、自分にプレゼントですpresent

Img_9529_2

表紙と帯を見ただけでクラッときました。

アマゾンの本の説明欄にこうあります。

『 精巧な中世の彩飾写本、最初のメディア革命ともいえる世界初の印刷本、人間の宇宙観を転換させることになった科学書、偉大な小説とその挿絵……。古今東西、あらゆるジャンルから厳選した80冊以上を、その本が登場するまでの背景や後世に残したものを含めて、鮮やかに描き出した一冊。』

ワクワクしますよねheart02

カリグラファーとしてはまず、「ケルズの書」の頁が気になります。

一応、制作された時期や背景などは分かっているつもりでしたが、6頁に渡って詳しく説明されている中には初耳なこともたくさんあり、「ケルズの書」の貴重さ、偉大さを改めて思い知りました。

ビジュアルが多い解説本なので、パラパラ見ているだけでもめちゃめちゃ楽しいデスheart

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

My HP

無料ブログはココログ