« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月16日 (木)

函型ミニサンキューカード

ちょっとした贈り物にカードを添えたい時、

ハガキ大のカードでは大袈裟になってしまいます

そこで、私は名刺サイズのミニカードをよく作るのですが、

今回はお洒落度アップを狙って函型のカードを作ってみました

Img_9867

横から写すと・・・

Img_9871

少し厚みをつけただけで、「Thank you」の文字の表情も変わりますよね。

Img_9870

カードを立たせることもできるし

我ながらいいアイデアだと自負しております

Img_9872

喜んでもらえるといいな

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カリグラフィーへ
にほんブログ村

2018年8月10日 (金)

エッグタルト

前から一度作ってみよう思っていたエッグタルト

Img_9922

パイ生地から作るのは大変なので、冷凍パイシートを使って作りました。

新米奥さんだった頃は、何もかも一から作らないと罪悪感のようなものを感じていましたが、最近は、私の辞書から”手抜き”という単語は削除されました 

”手抜き”と打ち込むと、”時短、節約、料理上手、賢い主婦”などと変換されることになっています

Img_9908

この正方形のパイシートを無駄なく、且つ、丸く伸ばしやすい形で6等分するにはどうしたらいいか・・・ 

エッグタルトのレシピをググっていると、いい方法が出ていました。

Img_9909

クルクルっと丸めて、6つに切る。単純明快ですね

切り口を下にして伸ばせば丸く伸ばすことも簡単です。

Img_9912

薄く伸ばして、

Img_9913

型にはめて、底にフォークで穴をあけておきます。

この後、また悩みました。

エッグタルトのレシピはたくさんあるのですが、この先、二つの方法に分かれるのです。

ひとつは先にパイ生地を焼く ”サクッと”派

もう一つはこの状態でフィリング(中身)を入れて焼く ”しっとり”派 

後者の方が一般的のようです。

うーむ。どうするか・・・。

 

取りあえず、フィリングの材料です。

卵黄 3個

牛乳 150cc

生クリーム 50cc

グラニュー糖 50g

薄力粉 20g

塩 少々

この分量もレシピによってまちまちなので、勘に頼りました。*結果的に上手くいきました。年の功ってことですかね

作り方はとても簡単で、

① 牛乳とグラニュー糖を温めながら混ぜ、

② そこに溶いた卵黄を入れてよく混ぜる。

③ 生クリームを少しずつ加えて、

④ 塩とふるった薄力粉を入れて混ぜる。

⑤ 最後に網のボールなどでこす。

パイ生地を先に焼くか、焼かないか、

結局、3つずつやってみることにしました。

Img_9914

先にパイ生地を焼く。180度で10分

Img_9916

フィリングを入れて焼く。200度で20分。

当然ですが、こちらの方がフィリングの量は多くなります。

Img_9918

先にパイ生地を焼いてからフィリングを入れて焼く場合は、200度で15分。

Img_9919

さて、出来上がりは・・・

Img_9921

右半分がサクッと派 左半分がしっとり派です。

Img_9922_2

これはサクッと派。

美味しくできました!

しっとり派は冷やしてから食してみたいと思います



レシピブログに参加しています!

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト

My HP

無料ブログはココログ